14.Meshの編集

Tabキー(物体モード、編集モード)

いよいよ、 Mesh編集です。
ここから1杯目の最後まで、一気にMesh編集をマスターしてしまいましょう。

Tabキーで編集モードに切り替えるのはもう知っていますよね。
Tabキーを押すと、この部分がObject Mode(オブジェクトモード:物体モード)Edit Mode(編集モード)に切り替わっていたのです。


Tabキーは、ここをプルダウンで選ぶのと同じです。Tabキーのほうが楽ですね。

Meshの編集(押し出し Extrude)Eキー

Tabキーで編集モードに入ったら、Ctrl + Tabで点・線・面のメニューをだして面をえらびます。

そして右クリックでひとつの面を選んで、 Eキーを押します。 即座にExtrude(エクストルード)モードに入って、その面がマウスの動きに合わせておしだされます。


↑まずは面を選択したところです。


↑はEキーを押した直後です。
面の周りにちっちゃい黒い■がでますよね。これで新しい側面がうまれたのがわかります。


で、マウスを動かすとその面が押し出されて、側面が見え始めます。
そして、適当なところで左クリックすると決定します。

Extrudeは特に指定しない限り法線方向に押し出します。法線とは「面の向き」のことです。
面の座標では法線はZ軸。なので青いガイド線が出て法線方向に面がおしだされますよね。

また、G,R,Sキーと同様、
Eキーのときも軸指定ができる
のです。
たとえば、

Eキー、1

は、面の向き方向(法線方向)に1だけ押し出されます。

また、Eキーは面だけでなく、点でも線でもつかえます
例えば、ある頂点をえらんで、そこからフリーハンドで造形はじめたりすることができます。

以下は上記操作をまとめた動画です。