28.Meshの編集(特殊な削除方法 Dissolve …)

特殊な削除 Xキー Dissolve Edges、Dissolve Vertices

特殊な削除機能であるDissolve(ディゾルブ)シリーズを紹介します。
Xキーメニューにあります。

たとえば、円柱の胴回りにある余計なラインを消してポリゴンを減らしたいとします。

Alt + 右クリックで上図のように不要な頂点群を選択します。

ここでXキーメニューでVertices(バーティシーズ)(頂点)を選ぶと・・・、

上図のようになってしまいます。辺と面は残しておきたいのでこれでは困ります。
Ctrl + Zキーで元に戻しましょう。
あらためて、Aキーで全選択解除し、Ctrl + Tabキーで線モードにします。

胴回りの線をAlt + 右クリックで、2本ともリング選択する。複数選択はShiftキーを押しながらです。

次にXキーメニューのDissolve Edges(ディゾルブ エッジ)を選びます。

これは、ポリゴンのつながりをできるだけ破壊せずに線だけを消去する、という機能です。
点・面についても同様です。実行すると・・・、

うまく出来上がったように見えますが、Alt + Tabキーで頂点モードにしてみると・・・、

頂点だけが残っています。Dissolve Edges(ディゾルブ エッジ)はあくまで辺だけを削除するので頂点が残ってしまうのです。

なので次に、Dissolve Vertices(ディゾルブ バーティシズ)を実行します。

これで完成です。

ならば、”Dissolve Vertices”だけを実行すれば良いじゃないか、と考えてしまいますが、それはできません。 その頂点が3つ以上のポリゴンを支えている場合、Blenderはどちら方向に消してよいかわからなくなるからです。

実際にやってみると、「できない!」というメッセージがでてきてしまいます。